任意保険。ちゃんと理解してますか?

事故の際、修理費用全額が保険から拠出される訳では無い。

 

長い間車に携わってますが、

 

保険に関して一番多い勘違いは

 

事故の際、自分の車の修理代に関してです。

 

事故を起こした際、相手側の車の修理代は任意保険でカバーされます。(例外あり。)

しかしながら自分の車に関しては一切カバーされない。という点です。

 

基本的に事故の際は相手の加入している保険が自分の車を直す際の財源となります。

 

仮に100万円の修理費用が発生した事故があった場合、100万円全額が支給される事はほとんどありません。修理費用は過失割合に応じて支給されます。過失が3割あった場合、支給される額は70万円であり、残り30万は自腹での負担になります。その30万円分を負担するのが別途加入する車両保険となります。

 

難しい保険用語

・搭乗者障害保険

  保険対象の車に乗っていた運転者及び同乗者に適用される保険

 

・人身傷害補償保険

  事故で本人及び同乗者が死傷・後遺障害を被った場合に過失割合に関係なく

  規定額を限度に支払われる保険

 

加入すべき特約

対物超過特約

 

  事故を起こした場合、相手のクルマの修理代が常に全額カバーされるとは

  限りません。

 

  仮に事故を起こした相手の車が少し年式が古く保険の規定上30万円の

  価値しかないと判断された場合、例え修理代が50万円必要であったと

  しても、30万までしか補償されません。その際、残りの20万をカバー

  してくれるのが対物超過特約です。

 

 

・弁護士特約

 

  自分の過失が全くない事故(停車中に追突されるなど)の場合、被害者は

  自分の保険を使って示談交渉をする事ができません。

  (保険会社は法律上、代理交渉は出来ない為。)

 

  この場合、被害者自らが加害者と交渉しなくてはならないという状況に

  陥ってしまいます。相手が誠意を持って対応してくれれば良いですが、

  問題が複雑化する事も多々発生してしまいます。その際に被害者に代わり

  弁護士が対応してくれる特約となります。

 

 

後、これはあまり認知されていないですが、実は、過失があったとしてもこの特約は使えます。弁護士に介入して貰う事により、過失割合が減ったり、賠償の金額が上がるケースが非常に多いです。(もちろん保険会社はこのような方法は絶対に勧めてくれません。)

 

保険会社の人はあくまで代理人であり、必ずしも100%契約主の側に立って交渉してくれる訳ではありません。ある意味、慣れ合いで過失割合が決まるケースも多いという事です。

 

どうせタダで弁護士に依頼出来るのであれば、これは絶対に使わなければ損です。

示談交渉を少しでも有利に進められるよう必ず加入して下さい。

 

ネット型自動車保険を活用しよう!!

自動車保険には大きく分けて

 

 ・代理店型 (ディーラーや中古車販売店で加入)

 ・ネット損保型 (ネットで自ら加入)

 

の2種類があります。

 

代理店型は手間も掛からず、プロにお任せ出来るので簡単ではありますが、

反面保険料がネット損保と比べると倍近く高くなる傾向があります

ネット損保の場合は代理店への手数料が掛からず、保険会社と直接取引出来る

メリットがあるからです。

 

まずは、見積もりを比べる事から始めましょう!!