具体的チェックポイント

さて、ある程度気に入ったクルマが見つかれば、実際のチェックポイントを見ていきましょう。

 

 

まず、エンジンを掛けて、不自然な振動がないかチェックします。

 

クーラーのスイッチをオンにする。

 →しばらく経ってもクーラーが効かなければコンプレッサー故障の疑い有り

  特に冬場は見落としがちなんで注意です。

 

パワーウィンドーを左右同時に動かし、開閉スピードに差が無いか確認。

 →モーターの疲弊度のチェック

 

ギアを一旦ニュートラルに入れて、ドライブにした時にショックは無いか?

 →トランスミッションの故障は致命的です。輸入車は特に念入りにチェック

  が必要です。

 

スライドドア・サンルーフなど電装系は全て動かしてみる。

 

 

最低上記の5つは必ず確認して下さい。また、記録簿の有無も確認が必要です。

 

その後、車検切れの場合は仕方ありませんが、必ず試乗をしましょう。

尚、中古屋さんは大抵キチキチに在庫車を並べてますので、試乗やゆっくり車を見たい時などは遠慮せず、事前に電話をしておいて下さい。

見やすい場所にクルマを移動しておいてくれる筈です。

 

 

あと、エンジンが温まっていない状況で強く空吹かしする方がいらっしゃいますが、それはマナー違反です。故障の原因にもなりますので止めて下さい。

 

 

内装のチェック

一通り電装系・機関系のチェックが終われば、次に内装のチェックに入ります。

汚れ・破れ・臭い、レザーシートの場合は擦れなども注意して見て下さい。

 

タバコが気になる方は灰皿の使用の有無やシートのコゲは無いかも要確認です。

 

後、ハンドルとシフトノブが異常にスレてたりする場合は危険信号です。メーターバックの疑いも有りますので、注意された方が良いと思います。

 

 

外装のチェック

次に外装のチェックに移ります。傷やヘコミなどが許容範囲か確認して下さい。

当然ですが、中古車ですので多少の傷はあります。コンパウンドで消える傷か?目立つ場所にあるか?など許せる範囲は様々です。ただ、見落とす場合もありますので、営業マンに予め傷の場所など聞いておきましょう!

 

外装を見るときは、クルマの四隅で必ずしゃがんで傷と目線を平行の高さにしてチェックする事が重要です。その上で、軽く左右に顔を動かして貰えれば、光の反射などで隠れていた傷・ヘコミが良く分かります。